~ Staff Interview ~

スタッフインタビュー

飼い主と大切な家族である動物にとっての
スペシャリストになるために
ゼネラリストを目指す

中央アニマルクリニック
獣医師

椎名 剛

獣医師になろうと思ったきっかけは何でしょうか。

小さいころから動物が好きで、高校生の頃、獣医という仕事を知って、動物に関わっていられる仕事に就きたいと思ったことです。

こちらで働くきっかけを教えてください。

前の病院で6年間働いていた頃、開業に携われる機会がありました。前から開業に関わりたいという気持ちもあり、面白そうだったので、働いたのがきっかけです。

実際に働いてみた感想を教えてください。

立ち上げの頃からここの仕事に携わっていますが、とても面白いです。困った時や難病をにかかってしまった動物が来院したときは、JVCCグループの他の動物病院の先生などに相談できます。

仕事をしていて心がけていることや思いを教えてください。

飼い主さんと動物にとって一番良い形がどの形かを考えることです。治療として考えていくだけでなく、飼い主さんや動物にとって全てがベストになるような選択をしていけるようにしています。また、医療としてのベストを尽くすために勉強は日々していて、飼い主さんに安心して言いたいことを言ってもらえるようにしています。

楽しい瞬間・嬉しい瞬間はどんな時でしょうか。

治療している動物が懐いて来たときや、治って元気になって飼い主さんのもとへ帰るとき、飼い主さんに『先生でよかったね』と言ってもらえたときにとても嬉しさを感じます。

今後、獣医師としてやっていきたい事を教えてください。

専門医ではなくゼネラリストを目指していきたいと思っています。

これから一緒に働く人へメッセージをお願いします。

いろんな動物病院があって、辞めてしまう人が増えているなか、JVCCグループの動物病院は周りの人に相談できる環境があります。スタッフ同士とても仲が良く、新しく入って来た人もすぐに馴染めると思いますので、是非一緒に働きましょう。