特徴・魅力

JVCCグループのけたい職場づくり

JVCCグループはスタッフ1人1人を大切にします。スタッフが働きやすく、成長でき、生活が充実するように働き方改革として5つの項目に取り組んでいます。

充実した福利厚生

福利厚生が充実した環境を整えています。福利厚生の中でも社会保険に加入した会社かどうかは、ちゃんとした就職先を見分ける基準になります。ほとんどのショップや動物病院は雇用保険と労災保険だけしか入っていません。しかし、JVCCグループの動物病院・トリミングサロンは身につけた知識・技術を活かし、安心して長く働ける良い職場作りの一つとして、そして何より皆さんにとってちゃんとした就職先であるためにも社会保険に加入しています。
1. 社会保険完備(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
2. 就業規則完備
3. 定期的な昇給・賞与
4. 産休・育児休暇制度
5. 育児休暇後の復帰制度
6. パートタイム雇用制度
7. 年次有給休暇制度・残業代支給
8. 深夜残業代支給
9. 交通費支給
10. 定期健康診断

※ 年次有給の日数は20日です。(入社年度は入社時期により異なります。)

獣医師による経営体制

日本にもいくつかの企業動物病院がありますが、そのほとんどが他業種の大手企業が運営している動物病院です。こういった企業動物病院では、経営陣が他業種の仕事をしていた場合が多く、動物病院を理解していないため、現場との衝突や意思疎通ができないことがあります。また、あまりにも売上をもとめるために必要のない検査等を行うような指示をされることがあります。JVCC動物病院グループ株式会社では、代表と経営陣の中に現役の臨床獣医師が参加し、専門性をもった人材により経営チームを構築することにより、現場である動物病院の求めていることを理解できる体制を整えています。

代表取締役 佐藤 貴紀(獣医師)

麻布大学獣医学科を卒業後、都内動物病院にて臨床獣医師として働く傍ら、獣医生命科学大学内科学教室において循環器を主に学び、
株式会社FORPETS白金高輪動物病院を開業。開業後も「日本獣医循環器学会認定医」を取得やメディア活動を通し獣医療やペット業界の普及に努める。
これからの獣医師、ペット業界の未来を考え、2018年10月、JVCC動物病院グループ株式会社の代表取締役に就任。

ご挨拶

日本の動物病院・ペット業界は、個人事業主の属人的努力によって支えられて来ました。しかし、時代が変わり獣医師や動物看護士そしてトリマーの働き方の革新が求められています。
また、犬猫を代表するペットの家族化・高齢化と医療技術の高度化が進むなかで、飼い主の医療に対する期待も高まっており、提供するサービスの質の向上が必須になっています。
JVCC動物病院グループ株式会社は、このような動物病院・ペット業界の中で、「獣医師・動物看護士、そしてトリマーにとって最も働きやすく、かつ、飼い主に最も信頼されるグループ」になりたいと考えています。

そのために、経営の質として、

①動物の専門家である獣医師主体の経営体制
②診療・トリミングに集中できる組織体制
③働きたい働き続けたいと思える職場

を重視してグループの経営をしていきます。

取締役 近藤 竜太(獣医師)

麻布大学獣医学科を卒業後、都内や千葉県の動物病院にて臨床経験を積み、代表 佐藤とともに株式会社FORPETS白金高輪動物病院を開業。
代表 佐藤と同様にこれからの獣医師、ペット業界の未来を考え、2017年10月株式会社FORPETS 代表取締役を退任しJVCC動物病院グループ株式会社の取締役に就任。
現在も当グループの白金高輪動物病院 院長として日々診療に携わっている。

取締役 立石 遼(獣医師)

麻布大学獣医学科を卒業後、神奈川県内の動物病院で勤務。その後、JVCC動物病院グループの一員であるペットビレッジ動物病院 調布多摩川本院にて院長に就任。
病気の治療はもちろん、しつけや飼育方法などペットに関する幅広い知識をもったジェネラリスト
(総合診察医)としてペットと飼い主様中心の診療を心がけている。

業務に集中できる組織体制

個人動物病院では、獣医師や動物看護士は診療ばかりでなく、給与計算・人事労務管理、経理業務や支払業務など事務的な仕事も行っていると思います。特に院長先生は、重症治療も事務仕事も行わなくてはならず、プライベートな時間を取れないのが現状だと思います。しかし、JVCCグループの動物病院では、いわゆるバックオフィス業務を一括で行う体制づくりを進めています。この体制ならば獣医師も看護師も自分の専門分野に集中することができます。

専門的なスキルを学べる場

グループ動物病院として、高度獣医療の提供はもちろん、全体として一定レベル以上のサービスを提供するためにも、長期的に成長を遂げるための基盤である人財を大切に育成し、個人を尊重しながら社会に誇れる人財の創出が不可欠と考えています。それを実現するためにも、より実践に沿った形でのペットの専門家の育成機関の運営、もしくは既存のペット専門学校をグループ化することも含め、人材の育成に十分な投資をしていこうと考えています。

仕事とプライベートの両立

現在、日本の動物病院では、時間外労働・女性の育児休暇からの復帰など問題の解決ができていない状態です。また、終身雇用は難しく、臨床を続けたい獣医師は、
やむなく「開業」を考えるしかない状況です。JVCC動物病院グループ株式会社は、そういった様々な労働環境の問題を動物病院グループとしてスケールメリットを生かし改善していきたいと考えています。そして、そういった内部環境を整え、求職者からは「ここで働きたい」、そしてスタッフからは「働き続けたい」と思ってもらえる職場づくりを目指しています。

獣医師
求人情報

動物看護師
求人情報

トリマー
求人情報